2010年08月05日

ゴーヤーパワー

夏といえば、ゴーヤーですね。

我が家も緑のカーテンを作るためにゴーヤーを栽培しています。

もともと、ゴーヤーは沖縄料理で有名な野菜でした。
今はすっかり全国区のゴーヤー。

長寿といわれる沖縄の野菜、ゴーヤーのパワーって何なのでしょう。

ゴーヤーの特徴は苦み。

なんと古代インドのアーユルヴェーダーにもゴーヤーのパワーが書かれているそうです。

あの苦みが、血をきれいにして血圧を下げる働きをするそうです。

その苦味の効果は、果皮に含まれるモモルデシンとチャランチンという成分に血糖値を下げる効果のあることがわかってきました。


かわいい名前の成分ですね。

また、ゴーヤーには植物インスリン(P−insulin)が豊富に含まれています。

この成分は薬品のインスリンに似たタンパク質です。

薬品のインスリンでは時に低血糖の症状が見られる危険があります

しかしゴーヤーに含まれる植物インスリンの場合は、血糖値を安定させる優れた効果があります。

さすが天然のインスリンですね。

糖尿病にも効果がありそうです。

ダイエットにもいいかも。


コレステロールを下げる働きもあるようです。


万能野菜のゴーヤー。
あの苦みが苦手でなければぜひ食卓に乗せてみましょう。

私も頑張ってゴーヤーレシピを考えます。


posted by ベジタリアン at 02:35 | Comment(0) | お勧めの野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: